毛穴ケア ランキング

イメージ画像

毛穴ケア化粧品人気ランキング(2016年4月当サイトお申込み数集計分)

商品名 ポイント・評価

ランキング1位
草花木果バナー
草花木果透肌
トライアルセット・竹


総合評価4.6pt
リピーター続出の毛穴ケア専用スキンケアでパックリ開いた毛穴、黒ずみ毛穴、凸凹肌、ザラつき肌もすべてお任せ!毛穴に詰まった汚れを洗顔ミルクでさっぱり洗い流し、竹をイメージしたさわやかな香りの化粧水と透肌マスクジェルで毛穴の気にならないつるすべ肌へ。天然由来の成分だから肌への刺激が少ないのでデリケート肌の方にもおすすめです。

ランキング2位

ミューノアージュ


総合評価4.1pt
しずくのような楕円形に開いたたるみ毛穴にお悩みの方におすすめの皮膚科医開発のドクターズコスメ。お肌の奥でコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す肌細胞の機能を活性化して、ハリと弾力を取り戻し、たるみ毛穴をキュッと引き締めます。石油系界面活性剤やパラベン、エタノールなど刺激となる成分も使用していないので、敏感肌の方にも安心して使用できると好評です。使えるように

ランキング3位
毛穴ケア(本製品)
ビーグレン毛穴ケア


総合評価4.0pt
ビーグレンは日本人のお肌を徹底研究して開発されたドクターズコスメです。毛穴パックやピーリングでかえって毛穴が開いてしまったという方や、いろいろ試したけど毛穴の黒ずみ、開きが解消しないという方におすすめです。お肌にやさしい天然クレイ洗顔と毛穴を引き締める保湿ローションにビタミンC美容液のセットがお得なトライアルセットで気軽にお試しできます。

ランキング4位

米肌


総合評価3.1pt
年齢とともに感じやすいうるおい不足、ハリ不足による毛穴の開き、ザラザラした毛穴の悩み解決に好評の毛穴ケア化粧品です。お肌の奥で水分を抱え込むセラミドの再生を促す美容成分を配合。お肌自身が潤うチカラを呼び覚ましてお肌の奥からハリとうるおいが戻り、毛穴がキュッと引き締まります。

ランキング5位
アンプルールバナー
アンプルール


総合評価3.0pt
年齢からくる「ゆるみ毛穴」に悩む方におすすめの皮膚科医が開発した毛穴ケア化粧品です。お肌のハリと弾力のもとであるコラーゲンを再生する肌細胞の働きを活性化し、お肌の奥から若返らせてハリと弾力を呼び覚まし、毛穴をキュッと引き締めてくれます。9,300円相当の充実のセットが初回限定で2,100円とおトクにお試しできるのもうれしいですね。

失敗しない毛穴ケアの方法とは?

毛穴ケアに限らず、美容に関する情報はインターネットの口コミサイトや有名芸能人のブログなど、ネットで手軽に情報が入手できる時代になりました。

だからこそ、その情報の質を見極めることは不可欠です。

そこで、ここではネットにあふれる毛穴ケアに関する情報の中で、「ええ~!それってダメでしょ?」と言いたくなる間違った毛穴ケアの情報について解説しましょう。

オロナインでパックする

最近、ネットの口コミでよく見かけるのが、気になる毛穴の黒ずみ部分にオロナインでパックするというもの。

ビフォー&アフターの写真も掲載されたブログの記事なども見かけるので、確かに効果はあるように感じます。

そこで、オロナインでの毛穴ケアを考える方に一度確認していただきたいのが、オロナインの効能効果。

オロナインは第2類医薬品ですから、はっきりと効能効果が明記されています。

オロナインの効能・効果はニキビ、吹出物、軽いやけど、あかぎれ、ひび、しもやけ等ですが、この中で毛穴ケアと関係のありそうなのはニキビですね。

オロナインの有効成分は炎症性の切り傷や吹出物を治療するものですから、ニキビでも炎症性の赤ニキビには効果が認められています。

つまり、オロナインは毛穴ケアといっても毛穴の黒ずみや開きが改善するというのではなく、炎症性の赤ニキビが治るということなのです。

オロナインは医薬品ですから、発売元が発表している用法・用量を守って使用するのが基本中の基本です。

この点を理解せずに、オロナインでの毛穴ケアを続けた結果、発疹や乾燥、ひび割れなど、かえってお肌を傷めてしまったというケースもあるそうなので、やめた方がいいでしょう。

粘着力の強い毛穴パックを使う

シート状のパックを黒ずみの気になる毛穴の部分に貼って、ある程度時間をおいて乾いてからはがす毛穴パックは、かなりの粘着力があるため、面白いように毛穴に詰まった汚れが取れるものです。

はがした後のシートを見ると、ビッシリと古い角栓がついていて、毛穴パックをコツコツやっていれば毛穴の黒ずみ、開きも良くなるはずと思いがちです。

でもお肌の構造を理解している方ならこんなケアはお肌を傷めるだけだとわかるはずです。

お肌の一番外側には角質層があって、外部刺激からお肌を守っていますが、この角質層は非常に薄く、ちょうど食品包装用のラップくらいの薄さなのです。

それほどデリケートな部分に毛穴パックを使うということは、角質層を根こそぎはがしてしまうことなのです。

角質層を失ったお肌はバリア機能も失われてしまうため、お肌自身もさらに皮脂を分泌してお肌を守ろうとしますので、皮脂分泌が過剰となり、再び毛穴の黒ずみ、開きに悩むこととなってしまいます。

毛穴ケアの基本は多少時間がかかっても、お肌に優しい方法でコツコツ続けることが、結局は根本的に毛穴の悩みを改善することにつながります。

毛穴の開き、黒ずみ改善のための化粧品選びの3つのポイント

毛穴に詰まった汚れを優しく吸着して取り除くもの

毛穴の汚れを取り除くことを意識するあまり、洗浄力の強いクレンジングや毛穴パックを使用して、かえって毛穴が広がってしまうというケースも多いのです。
優しく汚れを吸着する天然成分のクレイ洗顔がおすすめです。

コラーゲンやヒアルロン酸の補給と再生を促進するもの

お肌のたるみも毛穴の開きの原因の一つです。
お肌の奥でうるおいをキープする保湿ケアによって、ハリを取り戻してたるみを改善するためには、コラーゲンやヒアルロン酸の補給と再生促進するものを選びましょう。

ビタミンCを補給するもの

ビタミンCはお肌の奥のコラーゲン繊維を増やすだけでなく皮脂の分泌を押さえて毛穴を引き締める働きがあります。
成分がお肌に浸透しやすくナノカプセル化したものが理想的です。

毛穴ケアの基本的な考え方

女性

毛穴は生まれたばかりの赤ちゃんにも、育ち盛りの子どもたちにだってありますし、滑らかなつるすべのお肌が自慢のモデルさんにももちろんあります。

毛穴レスな美肌、毛穴のない肌にあこがれるという方は多いのですが、毛穴をなくすことはできません。

毛穴は大人から子どもまで人間なら誰にでもあるもので、目立つか目立たないかだけの違いです。

毛穴をなくすことは出来ないけれど、毛穴を目立たなくすることはできるというのが当サイトの毛穴ケアの基本的な考え方です。

自分の毛穴の悩みのタイプを知る

毛穴をケアしたい、毛穴を目立たなくしたいと考える方も、自分の毛穴がどんな状態なのかを正確に理解している方は意外に少ないものです。

まずは、自分の毛穴の状態を知ること、自分の毛穴が開いている原因、黒ずんでいる原因と向き合うことが解決への第一歩となります。

自分の毛穴のタイプが下記のどれに該当するか、じっくりと確認してみましょう。

黒ずみ毛穴

外食が多く、栄養バランスが糖質、脂質に偏りがちであったり、タバコを吸っている、運動習慣がないという方に多く見られる黒ずみ毛穴。

外食は手軽に満腹感がえられるものが多く、栄養素がどうしても糖質、脂質過多になる傾向があり、こうした食生活が続くと皮脂の分泌も過剰になってしまいます。

また、喫煙は活性酸素を大量に発生させ、皮脂の酸化をすすめてしまいますし、運動不足はお肌のターンオーバーを乱れさせ毛穴に古い角質汚れが詰まりやすくなります。

毛穴の黒ずみに悩む方は、シート状の毛穴パックを使っているという方もいるでしょう。

小鼻の周りに貼ってはがす事で、ごっそりと毛穴に詰まった黒ずみ、角栓が取れるというものですが、お肌へのダメージが強すぎるため、おすすめできません。

お肌の表皮には角質層が重なって外部刺激から守るバリア機能があります。

毛穴パックは吸着力が強すぎるため、この角質層がはがれてしまってバリア機能が弱まってしまいます。

オイリー毛穴

毎日2回以上洗顔している、常にストレスを感じている、夕方にはメイクが崩れるという方はオイリー毛穴です。

オイリー肌、脂性肌を自覚する方は、何度も洗顔したり、脂取り紙を使用しているというケースが多いのですが、一時的にさっぱりしたように感じられても、一向に皮脂分泌が適正になったとは感じられないでしょう。

何度も洗顔したり、毛穴パックで表皮の角質層が剥がれ落ちると、肌は表皮にうるおいが足りない、もっと皮脂を分泌してお肌を保護しなければと判断してしまうのです。

皮脂分泌が過剰であるために毛穴が開いている、あるいは黒ずんでいるというケースです。

インナードライ毛穴

汗や皮脂でお肌の表面はうるおっているように感じられても、お肌の奥でしっかりと水分保持ができていないために毛穴が開いているというケースです。

保湿ケアとして化粧水だけしか使っていないという方は、表面がうるおっているように感じても、お肌の奥で水分をしっかりとキープするようになっていないために、お肌の奥が乾燥してハリや弾力が不足して毛穴が開いてしまいます。

たるみ毛穴

早い人では20代後半から目立ってくるたるみによる毛穴の開き。

お肌の奥の真皮層にあるハリと弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンは、加齢や紫外線の影響でバランスが崩れてしまいます。

コラーゲンはちょうどバネのようにお肌の奥からお肌を支え弾力を生み出していますが、バランスが崩れたり、コラーゲン自体が減少するとお肌がたるんできます。

お肌がたるむと、毛穴もゆるんで毛穴が開いてしまいます。

たるみによる毛穴の開きは、次第に毛穴同士がつながったような帯状の毛穴になり、こうなると元に戻すことは難しくなります。

ニキビ跡

ニキビにはいくつか種類があり、痕が残るニキビは毛穴で雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまった赤ニキビと呼ばれるものです。

赤ニキビもお肌のは痕が残ることはないのですが、ひどい炎症によって大きく赤くなった赤ニキビはちょうど傷のようになり、皮膚が硬くなり跡が残ってしまいます。

ニキビ跡による毛穴の開きはセルフケアである程度解決可能なものと、医療機関での治療が必要になるものとがあります。

たるみ毛穴、ニキビ跡以外の毛穴の悩みの原因に共通して関係があるのは、毛穴から分泌される皮脂です。

全身に毛穴は無数にあるのですが、皮脂分泌が盛んな毛穴は顔とデコルテ、背中の上部です。

これらの皮脂分泌の盛んな毛穴は、皮脂が詰まりやすく、また汚れもたまりやすいので、毛穴が開きやすいと言えます。

当サイトでは、それぞれの毛穴の状態をふまえた毛穴ケアの方法を皆さんと一緒に考えながら、正しい毛穴ケアの結果として美肌を手に入れることを目指しています。

新着情報

2016年5月14日
化粧品
ミューノアージュのページを追加しました。
2016年5月11日
知識
たるみ毛穴ケアの化粧品選びのポイントのページを追加しました。
2016年4月29日
知識
正しい毛穴ケアのために肌のしくみを理解しようのページを追加しました。
2016年4月17日
知識
こんなことも毛穴の開きや黒ずみの原因に!毛穴の悩みの意外な原因とはのページを追加しました。
2016年2月23日
知識
夏の毛穴ケアはインナードライと紫外線対策をしっかりとのページを追加しました。
2016年2月12日
知識
毛穴ケアのキーポイントとはのページを追加しました。
2016年1月30日
毛穴ケア方法
あらゆるタイプの毛穴ケアに!ビタミンCのイオン導入のページを追加しました。
2016年1月10日
毛穴ケア方法
ニキビ跡の毛穴ケアのページを追加しました。
2016年1月10日
毛穴ケア方法
インナードライ肌と毛穴ケアのページを追加しました。
2015年12月19日
毛穴ケア方法
たるみ毛穴ケアのポイントのページを修正しました。
2015年10月7日
知識
紫外線対策と毛穴ケアのページを追加しました。
2015年9月12日
毛穴ケア方法
脂性肌の方の毛穴ケアのポイントのページを追加しました。
2015年7月24日
知識
毛穴ケアと洗顔・クレンジングの基礎のページを追加しました。
2015年7月5日
知識
体質を改善して毛穴ケアのページを追加しました。
2015年6月30日
知識
新陳代謝を促進して毛穴ケアのページを追加しました。
2015年6月20日
知識
究極の毛穴ケア体験記のページを追加しました。

毛穴の悩みといえば毛穴の黒ずみ、毛穴の開きでしょう。
毛穴の黒ずみは皮脂と古い角質が混ざって酸化したものが毛穴に詰まった状態です。
鼻の頭や鼻の周辺の毛穴の黒ずみは意外に目立つものですし、毛穴が開いたままですとお肌のキメが粗くザラついた状態でお化粧乗りも悪くなります
毛穴の開きには毛穴に汚れが詰まった状態と、お肌のたるみによって毛穴が緩むことによるものがあります。毛穴の汚れをしっかりと取り除いていても、お肌のたるみ対策も同時に意識することで、毛穴の目立たないつるすべ肌が実現するのです。
毛穴ケアを意識した化粧品選びのポイントは毛穴の汚れを吸着して取り除くもの、開いた毛穴を引き締める効果のあるもの、たるみを引き締めるものです。
こうしたポイントに該当するものを選びましょう。
毛穴ケアを意識して様々な化粧品を使ってきたけれど、どうも効果を感じられないという方には、毛穴ケアを意識した美顔器の使用をおすすめします。
自己流での毛穴ケアはかえって毛穴が開いてしまったりする恐れがありますが、美顔器を使うことで、エステサロンの毛穴ケアを自宅で実現できるのです。